「潮目は変わっているのか?」 グローバルから日本の株価を読む(4)

dqwefwewerq - 「潮目は変わっているのか?」 グローバルから日本の株価を読む(4)

「潮目は変わっているのか?」について。
グローバルから日本の株価を読む(4)

 

※前回続き。

 

結論として、今回の日韓の争いが日本の株価にどう影響を与えるか。私は日本にプラスだと考える。
※別に望んでいるわけではなので、最後に客観的立場から、双方の一番良い出口戦略も考えたい。

 

結果、良い意味でも悪い意味でも、半導体ビジネスは韓国から他国に移るだろう。

10年かかるところが、1、2年に短縮されるだろう。

 

韓国は資材確保をメディアにリークし続けている。
これはPRであり、とうぜん日本の心理を揺さぶりたい、選挙で自民党を勝たせたくない、という2つの理由だ。

正直、半導体だけの蛇口を絞ったので、そこだけが注目されている。が、ボトルネックは違う。

 

日本の最先端の特許技術は五万とある。

たとえば、「金型」や「特許ネジ」。世界が認める大阪の下町で作られる「金型」や「特許ネジ」の供給が止まれば、韓国では精密機械やナノテクが作れない。
 

とうぜん代替はあるが、耐久性や精度が落ちる。

すでに、中国や台湾との最先端技術競争にさらされているなかで、精度が落ちたり、耐久性の問題で発火する危険がある製品で、国際競争力を高め続けることは絶対できない。

 

ボーイングは、たった1度の精密危機インシデントで、倒産するかもと噂されている。たった1回でだ。アメリカに強固に守られた状態なのに。

今の韓国で、同じことが1回でも起きれば、もう立ちゆかないだろう。

 

さらに、韓国の状況を悪くしているのが、対北朝鮮(中国)への防衛ラインの引き下げだ。

韓日の対戦ラインから、台湾と日本を最終防衛ラインに据えたと考えられるからだ。

この場合、高度な戦略物資を後方支援ラインに下げるのは、常套手段となるからだ。
 

第二次世界大戦で、ドイツの工業ライン制圧が戦局を分けたのと同じ理論だ。

すべての点には理由がある。

(続く)

アメリカ 台湾へ武器輸出を承認

 


Source: PR会社でナンバーワンを目指す!上岡正明オフィシャルブログ