今日は、「株式投資で最短で勝つルール」について考えた。(1)

ThinkstockPhotos 481271549 1 - 今日は、「株式投資で最短で勝つルール」について考えた。(1)

今日は、「株式投資で最短で勝つルール」について考えた。(1)

今日は、「株で2億稼いだ投資家が教える! 株式投資で最短で勝つルール」について考えた。

 

今年に入って、なぜか、損失が増えている方が多いと思います。

 

「あれ? 去年までは順調に利益が出たのに」

「同じようにやっているいのに、勝てない。何故だろう?」

 

と、そんな方は、株式相場には

「買い勢力」と「(カラ)売り勢力」の、

両軍勢がいることを忘れてはいけません。

 

相場とは、買い勢力だけの判断や売買だけで、

株価が決まるのではないのです。

 

それは、まるでスターウォーズのジェダイの戦いのよう。

相場というフィールドでは、

常に、光と闇とが分かれて戦っているのです。

(どちらが善悪という意味ではありません)

 

買い勢力が勝てていないときは、

売り勢力が仕掛けている。

その仕掛けの戦略は、主には以下の2つ。

 

「つなぎ」と「カラ売り」です。

 

まずは、その構図、

プロの投資家なら、誰でも感覚的に知っている

株式相場の「表裏一体の同一性」を理解できなければ、

この相場で、勝つルールを見つけることができません。

 

では、相場の「同一性」とは、どんなものでしょうか。

 

(つづく)

 

☆☆7月12日、新刊が出ます☆☆

ダイヤモンド社から、新刊「神速株投資術」が発売されます。

 

今回は、これまであえて避けてきた、

「売買の基本」をベースにした「うねり」「つなぎ」「カラ売り」から、

株で1億稼ぐための「信用取引の戦略的な活用方法」まで、一冊にまとめました。

 

とくに信用取引は、リスクは多いですが、

株で1億稼ごうと思ったら、非常に有効な戦略です。

 

わざわざ書店で確認する手間が省けるよう、

担当編集者さんに怒られるまで、

秘訣をここですべて公開していきたいと思います。

コラムを読んで実践できる人は、ぜひトライしてみてください。

o4032302414225891401 5 - 今日は、「株式投資で最短で勝つルール」について考えた。(1)


Source: PR会社でナンバーワンを目指す!上岡正明オフィシャルブログ
{$inline_image}