「起業家を目指す20代の仕事の作法」(5)

asfrwegfre - 「起業家を目指す20代の仕事の作法」(5)

「起業家を目指す20代の仕事の作法」(5)

「起業家を目指す20代の仕事の作法」(5)

 

で、手っ取り早くコミュニケーション力を高める方法をひとつ上げるならば、

 

それは、素直になることだ。

それも、「並外れて素直」になると、

多少、人間関係の構築技術が低くたって、

これで大丈夫だったりする。

 

ただの素直でなく、

並外れて素直になると、

 

言葉使いも、とうぜん

「すごい」「へー」「早速取り入れてみます」。

 

手の動きも、

「メモしていいですか」。

 

仮に仕事や依頼を受けても、

「ありがとうございます」「楽しそう」「やってみます」となる。

 

仕事でわからなかったら、

「また、相談していいですか」「教えて下さい」となるかな。

 

・・・これ、なかなか、できない。

そのために、20代の仕事の作法(3)で書いた、

会社を起業のための「仕事道場」だと思うことが、

とても大事になる。

 

先輩や上司も、修行を手伝ってくれる仙人だと思えば、

見え方、聞こえ方も、また変わってくるのだ。

 

そして、仕事のクオリティも変わっていく。

 

タスク消化型の仕事から、

タスク創出型の仕事に変化することで。。。

 

(つづく)


Source: PR会社でナンバーワンを目指す!上岡正明オフィシャルブログ