コンテンツマーケティングがスゲー大事だと叫ばれているけど、そもそもコンテンツってなによ(2)

fewrfewrfew - コンテンツマーケティングがスゲー大事だと叫ばれているけど、そもそもコンテンツってなによ(2)

コンテンツマーケティングがスゲー大事だと叫ばれているけど、そもそもコンテンツってなによ(2)

「コンテンツマーケティングがスゲー大事だと叫ばれているけど、そもそもコンテンツってなによ?」について考えた(2)。

※前回続き。

で、とにかくGoogleさんがエグい。

なにがってコンテンツ、つまり記事に対する評価をGoogleはAIロボットに自動で、勝手にやらせているのですが、

最近、その評価の基準がベストセラー連発の敏腕編集長ぐらい上がりまくっている。

以下3つがないと、ロクに評価もしないというのだ。

・権威性

・オリジナル性

・網羅性

つまり、誰もが権威の感じるコンテンツを、独自のメソッドや手法をふんだんに入れて、読者が「ああ、これで全部わかって良かった。すぐに行動もできるよ」と思えるほど提供しなさいね、といっているのだ。

※Googleが本当に指針として提示しています。詳細Google。

りょうかーい、オッケー、グーグル!って。。。

これ、著者の私からすると、背筋がゾッとする。

だって、究極な話、全部無料で提供されるネット上のコンテンツは、基本的に書店に並んでいる7,8割の本のレベルは超えといてね、といっているにひとしい。。。

最近、本が売れないと言われているが、

これは、若者が本を読まなくなっているんじゃない!

Googleを震源地にして、

コンテンツのコモディティ化が起きてしまっているのだ。

(つづく)

Source: PR会社でナンバーワンを目指す!上岡正明オフィシャルブログ