今日は、「グローバルから日本の株価を読む(5)」について考えた。

a2292f5ffc82deaacd6b7626ee7405e1ac2c8f21.90.2.14.2 1 - 今日は、「グローバルから日本の株価を読む(5)」について考えた。

今日は、「グローバルから日本の株価を読む(5)」について考えた。

今日は、「グローバルから日本の株価を読む(5)」について考えた。

※前回続きから。

グローバル目線から日本の経済と株式市場を見る場合、かならずチェックすべきポイントが、6つぐらいある。

なかでも、景気動向指数とリンクしていて大切なポイントが2つ。

1)株価に影響を与える大国の不動産指数

2)日本のその大国への輸出指数

の2つだ。

たとえば、日本の半導体メーカーや特殊部品メーカーの日本電産は、1月ぐらいから対中国の輸出が先細りしていると伝えている。

とくに、日本電産の社長は、強気発言で有名だ。自社社員への自己演出を含めて滅多に弱気に触れないあの社長が、

「今回は参った」といえば、

それは、本当に参っていると言うことなのだ。

さらにルネサンスにいたっては、雇い止めの究極発表に近い。

ここから読み解けるのは、中国は実情よりも、第二次産業が悪いという事実である。(こうした場合、第一産業はあまり見ない方がいい)。

(つづく)

中国減速で雇い止め拡大

Source: PR会社でナンバーワンを目指す!上岡正明オフィシャルブログ