「起業家を目指す20代の仕事の作法」(6)

leadership taitle 1024 - 「起業家を目指す20代の仕事の作法」(6)

「起業家を目指す20代の仕事の作法」(6)

「起業家を目指す20代の仕事の作法」(6)

※前回続きから。

 

そして、仕事のクオリティも、

タスク消化型の仕事から、

タスク創出型の仕事に変わっていく。

 

仕事ができるテクニックや

心得の本はたくさんあるよね。

 

ただ、本質的なことを見失ってはいけない。

 

それは、仕事ができる人の傾向を知ることだ。

 

まず、その人のようにならないと、

テクニックも上手に使えない。

むしろ、益々空回りしてしまうかも。。。

 

さらには、その延長上で起業したり、

リーダーの席までのぼり詰める人になれない。

 

これが、仕事の戦略の逆散思考だ。

 

と、ここで、ほとんどの本が終わってしまう。

 

自分は社会心理学、情報心理学、行動経済学を

大学院後に学会で研究しているので、

さらに経営者というフィルターを通じて、

 

研究成果を行動理論(フレーム)に結びつけたい。

 

で、仕事ができる人は、

そのほどんどが皆、タスク創出型としたのだ。

 

具体的に言うと。。。

 

(つづく)


Source: PR会社でナンバーワンを目指す!上岡正明オフィシャルブログ