株の行方は、株のみが知っている(3)

Trading Business - 株の行方は、株のみが知っている(3)

今日は、「株の行方は、株のみが知っている(3)」について。
※前回続き

今日は、大学ゲスト講師のため奈良へ_

で、株は今後どうなるか?
株の予測は不可能だと知って、市場と対峙するのと、

誰かが市場の行方を知っている、とバイアスで市場と対峙するのでは、
心理的な状態はだいぶ変わってくる。

とうぜん、前者のニュートラルな状態のほうが、バイアスがないぶん、打ち手は多く、後詰めも深い。

だいたい、伝説の投資家ジム・ロジャースなんて、
予測を外しまくっていますから。

あれは、もう予測ではなく、ポジショントークです。

日本に来たら、日本を叩く。
アメリカに来たら、アメリカを叩く。
そのほうが記事になるし、注目される。本も売れるからね。

格付け機関も、だいたいは同じレベルです。

そもそも、売り浴びせで株を下げる格付け機関がヘッジファンドを運用していてもおかしくないわけで、それで資産を築いてきたのが、ジム・ロジャースなわけです。

先日、格付け機関が一斉に韓国をネガティブパフォームに置き換えた。
欧米系のほぼすべての格付け機関が、です。

これなどは、
「ああ、悲しいかな。すべてのヘッジ系参加ファンドの準備ができた、ということかもしれない」

いつでも、はじめてかまわない、と。
すでに、アメリカにとって必要なのは、すでに韓国との交渉でなく、韓国リベラルの政変なわけだから。

まあ、この辺の話は長く深くなるので置いておいて、本題に戻すと、

だから、日本株だけを見れば、予測はできないのです。
その場合、いくつもに分岐する恋愛ストーリーゲームとして捉えるとよいかもしれない。

(つづく)

■弊社フロンティアコンサルティングにも情報がいっぱい♪

PR会社

■3万人が購読中!1000人集めたセミナーはどうして可能?PRの秘訣満載

o0240008414569000120 3 - 株の行方は、株のみが知っている(3)

Source: PR会社でナンバーワンを目指す!上岡正明オフィシャルブログ