今日は感謝と徒然と高野山について

o0868062014594648808 1 - 今日は感謝と徒然と高野山について

今日は感謝と徒然と高野山について。

 

「高速読書」が発売3週間で4刷(2万部)になった。

 

いくら弊社がPR会社といえ、これは正直、狙ってできない。

なので、ひとえに全部ご関係者、ならびに社員、空海さんのおかげです♪

 

発売初日に、偶然、仕事で高野山に行ったご利益ですね。

 

自分は、本は自分で全部書きます。

今回も「最初はご自身で書くの?と思いましたが、ブックライターさんに依頼しなくて本当に良かった」と編集者さんに言っていただき、心底嬉しい。

 

ただ、少なくとも1週間、朝5時~夜10時まで、執筆に集中する。

人間、そんなに集中できない。

だから、ボーとしてきたら水を浴びる。

社員にも、すこぶる迷惑をかけます。

 

ちなみに、高野山には3日いましたが、「え?また行くの?」と周囲があきれるぐらい、奥の院といって、空海さんが祭られている場所に行ってきました。

 

何やるの?お経も読めないので、じっと座っています。

 

そもそも自分は昔、霊感があった。そんな気がする(笑)。

あった、というとおかしな表現だが、

昔あったと強烈に感じたのに、今はほとんど感じられない。

記憶もどんどん薄れていく。

 

だいたい、霊感というと、すごくオカルトチックな感じがする。

感じる力が鋭い、といったほうが、かなり正しい。

 

霊感という言葉は、それを商売にしようとした人が、

わかりやすくパッケージ化した言葉だろう。

 

そのとき、世界がこー見えたのに、今は無い。

それは、そういうものだからだと、個人的には思う。

 

そのとき必要で、今は必要ない。

だから、自然と無くなるのだ。

むしろ個人的には、必要ないのに維持できないモノだと思う。

 

ただ、そのときの感覚がまだ記憶として「残滓」に残るから、

無くなっても、勝手に自己鍛錬を続けたり、何かを探求する原動力になる。。。

 

稲盛和夫さんは、生死をさまよった経験があり、その後、仏門に入った。

おそらく、そのとき似たような感覚を持ったんじゃないかなー、と感じる。

まあ、僕は欲にまみれているので、仏門に入る気はさらさらないけどね(爆)。

 

だから、日々鍛錬も積んでいないのに、

霊感だけあるという人を、僕はあまり信じられない。

 

なぜ、自分の未知(道)を極めたり、自己鍛錬していないのに、霊感だけ高まり、維持されるのか。

 

自分の実体験というか、感覚的には、まったくもって意味不明なのだ。

 

という、どうでもいい話が続く。。。(続く)

 

o0868062014594648808 - 今日は感謝と徒然と高野山について


Source: PR会社でナンバーワンを目指す!上岡正明オフィシャルブログ
o0868062014594648808 1 - 今日は感謝と徒然と高野山について