今日は、「で、不安定な株相場で活にはどうすればいいの?」について考えた。

今日は、「で、不安定な株相場で活にはどうすればいいの?」について考えた。

今日は、「で、不安定な株相場で活にはどうすればいいの?」について考えた。

~最近の株投資の傾向と対策について(まとめ)

 

(前回の続き)

 

さて、ボラリティ(動き)の激しい市場は、

このコラムを書いているうちに、落ち着きを見せてきましたね。

 

アメリカの中間選挙が終わり、

株価を動かす材料もじょじょに枯渇してきたように見えますので、

 

ここからは、ふたたび、

(1)為替

(2)アメリカ中央銀行の金利動向

(3)企業業績

(4)景気循環

(5)個別銘柄のテクニカルチャート

 

以上の5つが、判断の対象になりそうです。

 

相場というのは、この5つぐらいしか、

実際には判断のポイントがないものですが、

 

そうはいっても、何かあるかわからないのが相場です。

「まさか」にも対応できるよう、

常に全力買いせず、分割して、

一定資金はプールしておくことをオススメします。

 

通常、評価されるべきは、

上記に挙げた5つなのに、「まさか暴落が・・・」起こるのは、

 

株価は年に一度の小暴落、

数年に一度の大暴落をするものだからです。

 

この暴落が起こる理由については、

 

「起こらない相場は、動きがなくてつまらない(儲からない)」

からだと覚えておけばわかりやすいでしょう。

 

不安定すぎて、どきどきしているのは

主に初中級の投資家であって、

 

株の上級者やヘッジファンドは、

むしろ暴落でこそ利益を生み出します。

 

暴落は、専業とする側にとっては、

なくてはらないビジネス成立の要因であり、

ビジネスにおけるカンフル剤なのです。

 

法則が、じょじょに見てきますか?

 

(つづく)


Source: PR会社でナンバーワンを目指す!上岡正明オフィシャルブログ