今日は、読者からの「株の質問」にお答えします(2)。

us stocker3 - 今日は、読者からの「株の質問」にお答えします(2)。

今日は、読者からの「株の質問」にお答えします(2)。

今日は、読者からの「株の質問」にお答えします(2)。

 

------------------

メッセージ本文:

先生の株本を3冊読み終わりました。「つなぎ(売り)」について、ご教示頂けますならば幸甚です。「つなぎ」を行う際は、保有する現物株(「つなぎ」の対象銘柄)に加えて、委託保証金を差し入れるのでしょうか?神速株投資術220-221ページに「代用有価証券として担保にした銘柄の株価はあまり頼りにならない」、「これを防ぐためには、証券会社に入れたあなたの自己資金だけで、信用枠の上限を考えます。」とございます。何卒宜しくお願い申し上げます。

 

------------------

質問の意図が、少しわからないので、

的外れかも知れませんが、以下に回答しておきます。

 

つなぎは、カラ売り制度の水平展開で行うので、

とうぜん、信用取引口座の開設が必要なので、

担保となる資金と有価証券が必要となります。

 

それらのルールは、証券会社のホームページに

書かれているので、読むことで解決します。

逆に、それらの概要を読んで理解できなければ、

 

読者さんにとって、

「つなぎ」「カラ売り」はまだ早すぎます。

 

つなぎ、カラ売りは、

現物での売買が慣れてからはじめるべきで、

書籍やハウツーサイトでかじったぐらいでは失敗します。

 

あくまで、あなたの技術の発展の先にあるべきです。

 

持論ですが、

技術には、水平展開、垂直展開、統合展開の3つがある、

 

というのが、

私の考える技術論です。

 

このうち、

まず、基本である技術の垂直展開ができるまで、

スキルの複雑化は待つべきです。

 

(つづく)


Source: PR会社でナンバーワンを目指す!上岡正明オフィシャルブログ