経営は波乗りだ。

昨日は、とある有名な投資家の方に、来社いただいた。(名前を、公開していいのか、わからないので伏せました)
すでに、将来有望な企業に、10社程度に、出資されているという。

我が社は、ジャスダック上場基準を、あと、数年で満たすまでに成長してきている。

それでも、あえて無借金経営をつづけてきた。
増資は、悪いことではない。時間を短縮するには、「増資」も、銀行からの「借金」も必要だ。

ただ、上昇のタイミングは、一瞬。資金も、回転率が要(かなめ)。

創業来の、「無借金経営」で、どんな不況や危機でも、持続していける筋肉質な組織力と耐久力を積み上げてきた。
無駄に、資金が増えても、油断につながる。10年に一度のチャンス、その波を手に入れる、その一点のために、集中して資金を投下する。

『経営は波乗りだ。』

いま、そのときが近づいている。ベンチャーキャピタルからの出資もふくめ、わが社の資本戦略を本格化したい。