今日は、「型(カタ)があると、仕事は早くなるし強くもなる」という話の続き(2)。

images 1 - 今日は、「型(カタ)があると、仕事は早くなるし強くもなる」という話の続き(2)。

今日は、「型(カタ)があると、仕事は早くなるし強くもなる」という話の続き(2)。

今日は、「型(カタ)があると、仕事は早くなるし強くもなる」という話の続き(2)。

 

どういうときに、何をするのか、何を調べるのか。

たとえば、成功にはぜったい外せない、原理原則がある。

・発言する言葉にこだわる

とか、

・本を読むとか

とか

・素直でいる(もっといえば、学び対して常に自分は馬鹿だと思うこと)

 

などなど、きっと、そんなに多くない。

 

これを習慣にまでしみこませておけば、あとが楽だ。

こうしたことに対して、

自分なりに型(カタ)があれば、自分自身で気づくことも増える。

 

不確実なこの世界では、

自分の手足を、自分で動かし続ければ、どんどん経験や知識が蓄積されていく。

 

もちろん、自分で動くほどに、

失敗もするし、不安にもなる。

 

そうしたときも、「型(カタ)」がある人ほど強い。

繰り返された基本の型(カタ)があると、自分で動くことに対する恐怖が無くなる。

 

ぎゃくに、最初から他人に依存する人間は伸びないものだ。

 

(おわり)


Source: PR会社でナンバーワンを目指す!上岡正明オフィシャルブログ