偉大なリーダーは、内なる心に火をつける

最近は、考えるところがあり、 代表である自分みずから、最前線に復帰している。
そんななか、昨日、執行役員Kからメール。 25歳。あえて、人選したとはいえ、生意気なやつだ。(笑)
出る杭は、伸ばせるだけ、伸ばしてやったほうがいい。
お金のためだけに、経営者をやってるんじゃない。 人も、国も、豊かにしたい。 …
保守的で、プライド先行の管理職が多いなか、 後進を育成するのも、30代の我々の「職務であり、義務。」
『人徳は、奥行。 凡庸なリーダーは指示をする。良いリーダーは、説明をする。
優れたリーダーは、手本となる。
しかし、偉大なリーダーは、内なる心に火をつける。』
ーーーーーーーーーーー 執行役員Kのコメント ーーーーーーーーーーー
こんなステージでは絶対に終わらせない。
最低でもPR会社では、一番のところまで持っていく。
私はそこに向かって動いています。 そのためには組織の強化必須です。
今やるべきことはとても小さく、どうでもいいように 思う事でもきっちりしていくことだと私は思っています。
そこまでは絶対にもっていくので、今は新規頼みます。