どれだけの感動を残せたか、が人生の素敵さにつながる

今日は、決算書を確認した。
人件費諸々で、社員への給与の支払いが、 年間で7000万を超えそうだ。
上場戦略が軌道にのれば、来年からは、 その総額は、おそらく、1億を超える。
少数精鋭のコンサルティング会社だからもあるが、 大手企業様に比べれば、まだまだ、未熟。…
それでも、実業家として、やれている。 その「達成感」と「やりがい」は、ひとしおだ。
同時に、こうして、 社員とその家族の幸わせに、そして、社会にも貢献できている。
思えば、最初は、自分のマンションの一室。 夏は熱中症になりながら、役員と2人で立ち上げた。
1年目の給与総額も、2人で200万。 おれが50万で、役員が150万。
でも、当時苦しかった? と聞かれれば、楽しかった。
『人は何をしたか、何を手に入れたか、
よりも、 どれだけの感動を残せたか、が人生の素敵さにつながる。』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA