ブログ記事一覧

今年最後の全社会議

今日は、今年で最後の全社会議でした。 この12月は、最高売上・最高利益となった。 経営層の成長がめだった1年だった。 取締役の菊池、木内の2人が、がんばってくれた。二人は創業来の経営メンバー。苦楽とともにしたが、いまや、全社を「焚き火の法則」で、下から支えてくれている。 来季は、新たに3名のメンバーも加わる。役員・幹部・社員には、感謝の念がたえない。 1月からは、さらなる法人格、会社、個人の高みをめざすことにな...

忘年会

今日は、仕事納めの忘年会でした。 いまは独立し、互いに経営者となった、なつかしい創業役員も来てくれた。 新役員となったKは、若干25歳。頼もしい内省を、日報で送ってくれた。 『役員は、もはや、社員ではない。帰属意識をなくし、独立独歩、日々前に進んでもらいたい。』 ◆取締役Kの今日の内省◆ 年末年始でしっかりリフレッシュし、年始からスタートダッシュを切る。 来年は今年以上にみんなに厳しく、自分にはもっと厳しくいく...

大切なプレゼンの前日

明日はいよいよ、情熱経営者交流会、「パッションリーダーズ」。 200名の経営者さまの前で、弊社のプレゼン。 今日は、そのたのセミナー資料作成を終え、20時から、気を入れるため、練習生として所属する野口ボクシングジムへ。 ご指導いただけたことに感謝です。 『朝起きてから、夜寝るまで、日々、鍛錬。頭脳、肉体を鍛え、精神の高みをめざす。』 ...

「パッションリーダーズ」でプレゼンテーションを行った。

本日は、日本最大級の経済団体、「パッションリーダーズ」のプレゼンテーションを無事終えることができた。 これも、ひとえに、東証一部社長でありながら、 若い私たちに道を示してくれる近藤社長はじめ、ご関係者様のご尽力のたまものです。ありがとうございました。 また、そのほか上場企業の諸先輩方にも、具体的に仕事や弊社への出資のお話をいただけた。 これから、日本を良くしたいと、6年後の上場を目指し、泥水をすすってでも這い...

社会福祉チャリティー

ピースライオンズクラブが、星野監督のHDPとともに、日本の若きアスリートたちを表彰しました。 素晴らしい社会福祉チャリティーに、微力でも参加できて、光栄です。これからも、個人としても、法人としても、事業と徳業の両立をめざし、活動したい。 そして、今年は、すべての社員にも、こうした感動を共有したい。 阿部代表理事、茶谷さん、本当にお疲れ様でした。(茶谷さん、顔がかちかちで笑ってないです!) ...

何者にも恐れない。何事にも動じない。不動不心をもって事を成す。

今日は、頭脳、肉体、精神の3つを、圧倒的に鍛えるため、 練習生として所属する野口ボクシングジムへ。 鍛えたそれらは、腹に落として、周囲の人を守る力と、無私の護国の想いに変える。 いつも、ジムの風景なので、今日はロッカールームで撮影。殺風景だがいい感じ。男の闘う場所といった感じです。 『何者にも恐れない。何事にも動じない。不動不心をもって事を成す。』 ...

才を巡らすには。

今日は、役員との経営会議でした。 株式上場に向けた、「資本戦略」について練り直した。 こうした、わが社のような未上場のベンチャー企業を、あたたかく迎えてくれた、日本最大級の経済団体、「パッションリーダーズ」。 そのプレゼンテーションを終えてからは、上場企業様をはじめ、多くのご賛同者様からも、お問い合わせをいただけた。 つくづく、ただ、才だけで事業を行っていくのではない、と感じる。 才は使わなければならないが、そ...

評価シート

今日は、社員との面談の日だった。 写真は、俺の指示ではなく、 社員たちが、自主的に考え、 会社のための評価シートを作成し、自分たちで毎週、運用しています。 うえから、 ◆社員評価シート ◆営業評価シート ◆案件評価シート ◆内省評価シート こうしたプロセスの仕組み化と、可視化の評価軸は、権限を現場に移譲しながら、 会社を永続的に発展させるために、とても大事なことだ。 『本心を語りあえる仕組みを作り、会社やク...

男の生き様は目と口元に出る。

今日は、全社員で久々に飲んだ。 その席で、四十近い1人の中堅社員が、 社長、退路を絶って、やりますと。 やる、と感じた。男は、顔に出るからだ。目も口元もひきしまる。くやしさで、自然と口角を噛みしめるから。 そこまでいかなきゃ、本音じゃない。目もキョロキョロ、口もへらへらしてうちは、ダメだ。いまは、目は真っ直ぐ、自然体の闘争心を感じる。 『ボンボンでない限り、三十から、男の生き様は、目と口元に出る。たのむぜよ』...

マザー・テレサのコトバ。

今日、写真集を買った。 殺風景だから。マザー・テレサの写真集。寝室に飾ってみた。 大使館近くの雑貨屋で、花瓶を買って、花でもさそうか。 マザー・テレサのコトバ。 『あなたの中の最良のものを世に与え続けなさい。 けり返されるかもしれません。気にすることなく、 最良のものを与え続けなさい。』 ...

パートさんへ感謝!

3月は、国際慈善団体、東京ピースライオンズクラブの代表である、 阿部会長主催の催しで、宝塚歌劇の観賞とお茶会がある。 宝塚歌劇の方とお茶会とは。。。自分には、もったい話だ。 そこで、分別用のゴミ箱から、トイレ用品まで、 あれこれ揃えて、いまや、もっぱら社員の母親的存在として皆を支えてくれている、パートさん2人にも声をかけようと思う。 それぞれ、2人のお子さんがいながら、時給の発生しない時間まで残って、 社のた...

自社メディアの力

今日は、フェイスブックを利用したPRについて。 弊社はPR会社。 この業界、でも、営業が提案するほど、自社PRができていない企業がほとんど。 「社長、これからは、個がメディアの時代。自社メディアも持ちましょうよ」 といいながら、 では、「あなたの会社のサイトは、はたしてどうなの? PR会社なのに」 と首をかしげたくなる。 いずれ、アジア50億が、メディアで繋がる。 PR会社が、海外拠点を持つことも、意味がな...

役員と社員の違い。

今日は、役員と部下で、マジ争い(笑)。 せまいオフィスに、火花が散った。 まあ、喧嘩も起こるさ。たまにはね。 修羅場がなければ、絆も深まらない。 ただし、今回は、 「じぜんの役員へ報告、相談がなかった時点」で、部下が悪い。 いっぽうで、役員が、 「あの社員と一緒にできない」ということも、絶対許されない。 部下が「あの上司とできません」というのは、 正直、俺は許す。行為は同じでも、意味は違う。 「職務と義務...

きものクイーンコンテスト2014

昨日は、大尊敬する近藤社長のグループ会社、 きもの学院ハクビさんの「きものクイーンコンテスト」があった。 とても華やか。メディアの注目度もすごい。 華道、茶道、そして、着物。 男が成り上がるのに、そんなのいらん。。。男がどう思おうと、自然と必要になっていく。 休日はボクサーパンツ1枚で、ボクシングしてるのに。 『女性のみなさん、男は身勝手です。習うなら、ぜひぜひ、ハクビさんをオススメします。』 ...

叱ってくれる方へ感謝

先日は、お取引先である、 とある上場企業の役員様から、お叱りを受けた。 雪のなか、携帯電話で40分。 とても、ありがたいことだ。 しかも、先方様は、東証一部企業。 忙しい合間をぬって、ここまで、自分や若い社員のため、時間をかけて叱ってくれる人は、まずいない。 契約切って、それで、さよならだ。 電話を切った。すぐに、担当役員に連絡した。 弊社は男性社員が8割。 社員向けでもあるこの日誌は、男だ、気合いだ、とあえ...

本当のブラック企業とは

今日は、面接で、若者にあった。そして、驚いた。 その、「無気力さ」に。 弊社は、案件が増えつづけている。とても、ありがたい。 そのため、4月の新卒枠とはべつに、 営業サポートの人材を採用することにしたのだ。 25歳。 中堅の証券会社で、3年間。1日100件以上の電話営業をしてきたという。 イメージ先行だった。期待していた。 しかし、驚いた。 「夢は、なに?」 「なんのために、働くの?」 「将来、どうなりた...

神社やお寺の「広報」は日本にとって大事なこと。

最近は、取引先がふえるにつれ、 神社やお寺の「広報」を依頼されるケースも増えてきた。 重要文化財の仏像や神事を、 多くの方々に知ってもらう。 地域にとっても、日本にとっても、価値がある仕事だ。 また、こないだは、 日本各地で奉納をつづける海外アーティストの広報も、相談された。 もちろん、応援します。 金額は、もらえない。 通常の半分以上、数万で引き受ける。 社内でも、「なぜやる?」論議になっているのは知って...

湘南美容整形外科の相川院長とお会いして感じたこと

今日は、「合言葉は情熱です」のCMでお馴染み、 湘南美容整形外科の相川院長にお会いしてきた。 女性を美しくする事業のほか、 子供たちを支援する慈善事業にも取り組んでいる。 とても善の人だ、と感じた。 とある仕事で、関わらせていただくことになった。精一杯、尽力したい。 ちなみに、相川院長は、 美を生み出す、現代のレオナルド・ダ・ヴィンチだと、私は思う。 経営者であり、医師であり、パイトット。 まさに、3つのビ...

人生の素敵さとは

今日は、決算書を確認した。 人件費諸々で、社員への給与の支払いが、 年間で7000万を超えそうだ。 上場戦略が軌道にのれば、来年からは、 その総額は、おそらく、1億を超える。 少数精鋭のコンサルティング会社だからもあるが、 大手企業様に比べれば、まだまだ、未熟。 それでも、実業家として、やれている。 その「達成感」と「やりがい」は、ひとしおだ。 同時に、こうして、 社員とその家族の幸わせに、そして、社会に...

偉大なリーダーとは

最近は、考えるところがあり、 代表である自分みずから、最前線に復帰している。 そんななか、昨日、執行役員Kからメール。 25歳。あえて、人選したとはいえ、生意気なやつだ。(笑) 出る杭は、伸ばせるだけ、伸ばしてやったほうがいい。 お金のためだけに、経営者をやってるんじゃない。 人も、国も、豊かにしたい。 保守的で、プライド先行の管理職が多いなか、 後進を育成するのも、30代の我々の「職務であり、義務。」 『...