ドラマPRに見る、 戦略に活かせる「PRマーケティングの考え方」

 

ドラマPRに見る、 戦略に活かせる「PRマーケティングの考え方」

今日は、経営者やマーケ人も参考になる!

今どきのドラマPRに見る、

戦略に活かせる「PRマーケティングの考え方」。

夏です。

こんな暑い夏の夜は家に帰って

「夏ドラマ」はいかがでしょうか。

さて、時代が変わっていくにつれて、

ドラマのPRの仕方も変わってきました。

今はInstagramを使ったPRが多く見受けられます。

少し前の日テレの水曜ドラマ『地味にスゴイ!

校閲ガール・河野悦子』のInstagramアカウントではオフショットは勿論のこと河野悦子の全コーディネートが全身写真で毎回アップされ、服についてのコメントが常に多くついていました。

また、昨年夏のフジテレビの『好きな人がいること』。

桐谷美玲演じる主人公の美咲がドラマ上でInstagramアカウントをもっており、ドラマ上で投稿すると実際のInstagramのアカウントでもリアルタイムで投稿されるなど、今までにない試みをして話題を呼びました。

現代の若者像をしっかり反映した試みであり、

フォロワーは15万人以上。大成功です。

若者の心を掴んでいるのは憧れの

芸能人と同じもの・時間を共有しているといった理由からではないでしょうか。

時代の流れと共にドラマも

ただテレビで見るだけのものではなくなっていきます。

次はどのような

PRが出てくるのでしょうか。楽しみですね(^_^)

 

ドラマPRに見る、 戦略に活かせる「PRマーケティングの考え方」