ザク豆腐のヒットの理由

先日は、「ザクとうふ」のヒットの仕掛け人、
相模屋の社長の取材インタビューを聞いてきた。
僕もPR会社社長で、しかも、ガンダム世代なので、興味津々。
なるほど、PR目線で聞いても、マーケティング手法として考えても、とてもためになりました。
以下、参考になったキーワードを、注釈とともに紹介します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★そんなこと、誰でも思いつく。けど、必死になって取り組んできた。
→周囲からは、当初、かなり呆れられたといいます。
★レッドオーシャン市場。
豆腐はもうやることがない、と言われていた。
けれど誰も取り組まない・・・これこそ、まさに、ブルーオーシャン。
→まさに、逆転の発送ですね。
かなりのセンスがなければ、できないことですが。
★なぜ、「ザク豆腐」を作ったのですか? 私が好きだから。
→好きなことを、人があきれるほど、圧倒的に取り組む。
これぞ、成功する人の秘訣ですね。
★そして、ザク豆腐は、ソーシャルメディアで大ヒット。
ターゲットは、30代、40代。
見つけた、ゲットした、こんな食べ方、次は何だ。
→こんなコメントがSNSを駆け巡ったそうです!
まさに、バズる仕掛けなり(→年内にこのテーマでぼくの本ができます!)
★大ヒット商品はえてして、最初は理解されない。
→人が理解できないことほど、
新しいカテゴリーを作る大チャンス。
とてもためになりました。
年内発刊に向けて進めている、
本の執筆にもますます磨きがかかります。
ありがとうございました。