今後の株の行方

今日は、「今後の株の行方」について。

 

今日の株高は、すごかったですね。

 

10月からスタートした上昇相場は、
実質経済による株高というより、
売り方(カラ売りを仕掛けている側)を踏みあげている最中です。

 

その売り方が、ちょうど力尽きるのが、

信用取引の最大期間の6か月目。

短期の株の動きとは、このように実体経済よりも、
参加者の勝敗とルールによって縛られているものです。

昨年10月からの区切りで考えると、
今年の3月前後が、一つの山。

 

まあ、それまでは、下がったら買い、上がったら売るを繰り返せば、
利益を稼げるかもしれません。(投資は自己判断で)

 

その後、オリンピック相場の到来が来るかは、
アメリカと日本政府が、どのような発表をするかによります。

そのため、まずは浮かれず、騒がず、
【株は経営とまったく同じ】という目線で、
あなた自身が決めた「戦略」と「戦術」を立てましょう。

 

『株の勝利は、なぜ勝てたのかをあなた自身が理解し、
その勝利を次に再現できなければ、いずれ、必ず負けます。』

 

私の近著「うねりチャート底値買い投資術(ダイヤモンド社)」が、

ほぼ全国的に品切れとなってしまいました。
定価より高い中古品が出始めているようですが、
いずれ、必ず店頭に並びます。
株と同じで、よい判断で、購入してくださいね。

 

★下記のダイヤモンド社の連載から全部無償で読めます。(但し、Amazonも品切れです)

http://diamond.jp/articles/-/111413

 

★ベストセラーを生み出したい方は。
ぜひ、2月9日の出版セミナーに参加してくださいね☆彡

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA