「築城10年、落城1日」

今日は、「築城10年、落城1日」という言葉の
超訳について考えてみた。

どんなにたゆまず努力を積み上げた
偉大な結果でも、
落城は、たったの1日。

落城を遠ざけるのは、
高い目標と、
柔軟な発想力と、
原理原則に沿った(方向性が間違っていない)努力。

あと、最近思うのは、感情と感覚面。
革新を生み出すイマジネーションと
人の心を揺さぶるエモーショナルだろう。

強さよりも、変化するものが生き残る。
そう言われても、
「でも俺たちダーウィンじゃないし・・・。」
とピンと来ないのは、
そこに手法論がないからじゃないかな。

『これから、
どんなイマジネーションとエモーショナルが必要か。

変化が必要なときは、
そう問いかけてみると、いいかもしれない。』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA