スターバックスは、何故、居心地が良いのか

今日は「スターバックスは、何故、居心地が良いのか」。
週末は、大学院(MBAビジネススクール)の授業。
なんと、スターバックスのスタッフさんがやってきて、
ぼくらに授業をしてくれた。
そんなスタッフさんが言っていたいこと。
・想いが伝わる

・つながりが生まれる

・大切な「居場所」へ変わる 
大切な居場所へとつながる 
ふむふむ。
これは、行動心理学を応用した、
来年のマーケティングの新刊にも活用できるな。
以下は、持論。。。
結局、大切なこと。
それは、想いやシステム、マニュアルがいくら崇高でも、
そこで働くリーダーやスタッフが、実践できなければ意味がない。
『スターバックスが素晴らしいところは、
スタッフが気恥ずかしいと考える一部も隙もなく、
プライドを持って、真摯にそれに取り組んでいるってとこだろう。』
つまり、スターバックスの理想の実現・実行こそ、
彼ら彼女たちの存在理由なのだ。
『そこまでビジョナリーになった企業は、
理屈抜きで、正直、とことん強い。』