経営者の一番大切な仕事って?

 

今日の「ガイアの夜明け」は、
とある、フランチャイズの居酒屋チェーンの特集でした。

★小規模店舗で、徹底的にコストにこだわる。
★100万円の初期投資で、初月から「黒字」を目指す。
★何十と出店して、撤退は、2店舗しかない。(エラーが少ない)

そんな、財務センスのある、若手経営者の話です。

 

もし、私が、たとえば学生に、
「経営者の、もっとも大事な仕事は、何ですか?」

と聞かれたら、
おそらく、私も、
「経営者の、最大の仕事は、ファイナンス(財務)です」と答えます。

これだけは、他人に任せられない。
判断を誤れば、即、デスバレー(死の谷)へ直行。

そして、ファイナンス(財務)の、真の苦しみは、
経営者にしか、わからないのです。

営業部長や、副社長の、苦しみは、数字責任=結果責任です。
しかし、経営者は、経営責任=倒産だからです。

いわゆる、ゼロからはじめた創業社長であれば、
財務のことで、寝れない夜を過ごしたことがある方が、ほとんどです。

 

だからこそ、真剣に、

「リスクを最小化する」ことに頭を費やす。

だからこそ、本当の勝ちどころで、

「人生最大の大勝負」ができる。

 

その財務センスと、他人になんと言われようが、笑われようが、
急に景気が回復しようが、
自分は天才かと勘違いしようが、

ファイナンス哲学を徹底して曲げない度量のある経営者だけが、

5年後の生存率が、100社1社の世界で、生き残れるのだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA