『人は、認めらなければ、こと、組織では生きていけない。』

「ロサダの法則」というのを、ご存知だろうか。
アメリカでの研究の結果だ。

人間が叱られる限界は、2.9回褒められて、1回。よい組織は、「褒められる」と「叱られる」の比率が6:1という。

成長し、成果を出しているベンチャー企業を見る。

たしかに、トップは知性体力が人並み以上で、プライドが高く、自我・思念が強く、気に入らない周囲はぐいぐい締め上げる。

しかし、俺は思う。もし、そのトップが、仮に病気で1年入院したら、会社や組織は存続の危機になるのではないかと。(あくまで、ベンチャー規模の会社の場合だが。)

『人は、認めらなければ、こと、組織では生きていけない。』