『仏歌』について

今日は、「仏歌」について。
みなさんには、ゆかりの寺院などは、ありますか。

自分は、父方が武家で、
母方は、不動明王をまつる佐野厄除け大師があった、
佐野城惣宗寺の麓出です。

なので、願掛けは、やはり佐野大師。と、すぐ前にある佐野城まで、足を運びます。

最近は、観音菩薩をまつる、広島の大聖院にも行ってみたい。
密系の寺院には、御詠歌というがあり、他院とまるで違い、
この2つは、なぜか、とてもよく似ているからです。
こういうのを知ると、奥が深まります。

関連のURLを添付してみました。
みなさんも、ぜひ、ゆかりの寺院を調べたら、愉しみが広がるかもしれません。

<佐野大師の御詠歌>
こころのやみのくらきをば みのりのひこそてらすなれ
えいごうの光りもとむみは てらさぬ所もなかりけり

<大聖院の御詠歌>
ひとのよの こころのやみをてらすなり
ひじりのてらの (み)のりのともしび

http://www.geocities.jp/fufuyuyu21/saikoku/goeika-rubi01.htm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA