人に教えれば、心が整う

最近は、3冊目となるビジネス書籍の執筆や、
上場に向けた事業計画書を作成するにあたり、

さまざまな、情報の吸収(インプット)を加速しています。

実業家、経営者という職業は、インプットには、とても恵まれた職業。
同じ日がない、「非」連続な日常を送っているだけで、多くの情報や経験を収集できる。

そのため、起業時のように、自分に負荷をかけてまで、
本を読んだり、ビジネスセミナーに参加したり、人と会ったり、ということがなくなっていた。

一言でいえば、怠けていたのかも。

昔は、1日1冊、ビジネス書を読むことを、日課にしていた時期もあった。
とてもきついノルマで、夜、睡眠時間をけずって、読んでいた。

さすがに、もう若くない。
いまの自分に見合った方法で、実業家としての初心と情熱の、原点に立ち返りたい。

そのひとつに、化他行という修練法がある。
考えを説いたり、教えたりと、聞いてくださる人がいるおかげで、結局は、自分の頭が整理され、心もあわせて整っていく、というもの。

『この先、みずから学んだことを、社員たちにより多く還元する。そのことで、人と会社の、より大きな成長と発展に、つなげていきたい。』