叱ってくれる人を、大事にしよう

先日は、お取引先である、 とある上場企業の役員様から、お叱りを受けた。

雪のなか、携帯電話で40分。 とても、ありがたいことだ。

しかも、先方様は、東証一部企業。  忙しい合間をぬって、ここまで、自分や若い社員のため、時間をかけて叱ってくれる人は、まずいない。  契約切って、それで、さよならだ。

電話を切った。すぐに、担当役員に連絡した。  弊社は男性社員が8割。  社員向けでもあるこの日誌は、男だ、気合いだ、とあえて使っている。が、今回はしぜんと出た。

『その方には、恩があるだろ。おれは男として、恥ずかしい。』

すぐに、役員たちが、動いてくれた。  社員たちも、感化され、よくやってくれている。  私も今日から最前線に、復帰した。現状に甘えず、ともに、さらに上を目指そう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA