継続力こそ、人生の頂点を極める力となる

今日は、「あさりちゃん 100巻で最終巻」というニュースを読んで。 幼稚園ぐらいのとき、児童館で読んだ記憶がある。

どのような分野でも、

何かを、成し遂げる。しかも、継続して成し得る。というのは、偉大なことだ。

物事を達成できる人間とは、継続できる人間をさすと思う。

作者が、「やめたいと思ったことない?」とインタビューできかれた答えがある。 とても、人間の本質を捉えているようで、興味深い。

-------------   

しんどいことはあったけど、   (くやし泣きしたこともあった)   やめたいと思ったことはない。

前の月にかいたネタもすぐわすれるけど(おいおい)、   しんどいこともすぐわすれるから。   たまに以前の巻を読み返す。

「こんな話かいてたのか。    きれいさっぱりわすれてた。」   「こっちもあんがいおもしろいよ」

作者ときどき読者。   自分のまんがを自分で楽しめるなんて、幸せですね。   「今さらいうのも何だけど、楽しくやらせてもらったね。」   こんなこというと、自分でもちょっとテレます。

-------------

大小あれ、 人にとって備え終える、収めきるとは、 人生のあり方そのものにほかならないと思う。

自分のなかに、文句のつけようがない精神と、 不滅の意思と決意が宿っていなければならない。

『何事も、何者も、自分の中にある、偉大な才能の活動を止めたり、 自分の夢が放っている光を弱めたりはできないのだから。』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA