功徳を積めば、人も仕事も、めぐってくる

昨日は、ライオンズクラブ定例会のあと、菩薩像をいただいた。

とある、宝石商の息子さんが、東北の大震災以降、 ずっと、お地蔵さんや菩薩さまを、手作りで、造りつづけているという。

その数、数百。そのため、ピースライオンズクラブで、各地の被災地に奉納することになった。

それを、聞いて、ぜひ見たくなった。 寄贈のためでも、仏師として依頼されたわけでもない。 ただただ、無心で仏像をつくりつづける。

それほど、無私の行為は、ないと思ったからだ。

それを熱く語っていたら、宝石商の知人の大川L(ライオン)が、 大切にしてくれるなら、好きなのひとつ、といってくれた。

えー!ぜひ、と思って、 ご自宅におじゃまし、一番控えめの菩薩像をいただいた。 持ち帰って、台座を見ると、ほかの像にはなかったのに、 大きな水晶が収まっていて、奥に、小さな真言も書かれていて驚いた。

まさに、無私の菩薩。 観音菩薩かな、と思ったが、宝石商の息子さんなので、大地を司る地蔵菩薩かもしれない。

来世につながる先縁など、ほんとに、あるのだろうか。 んなアホな。そうだとしても、一人で備えて、なったる。

と思ったが、言われて後、立てつづけに起こったり巡ったりすると、やはり、考えるところも出てくる。 一人で悟れたものなど、なにひとつない。

自分の不徳が、途切れさせてしまうのかもしれない。 そうだとしたら、全部おれのせいだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA