内外一致、難しいが、とても大事

先週から、営業会議をふくめて、現場の最前線にでている。

久々の、最前線。
社長みずから陣頭にいると、
プロジェクトも、社員の意識も、オフィスの空気も、また変わってくる。

久々に、営業会議では、叱咤した。

「営業会議中に、あくびしたり、私語する者は、その場で、退場させる。
気持ちをいれろ。呼吸をひとつにしろ。
画面の数字を睨みつけろ。」と。

不思議なもので、人や集団は、
目つきひとつ、呼吸ひとつが、大きく反映される。
それらが、乱れているときは、肌で感じるし、やはり、数字が落ちる。

ただ、ずっと怒鳴っていれば、疲弊する社員、ついてこれない社員も、出る。
適度な緩急も、必要だ。

いっぽう、内部をコンサルティングできない会社が、外部をコンサルティングできるはずがない。

『内外一致、難しいが、とても大事なことだ。』